現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春の籠アレンジ
2010年02月23日 (火) | 編集 |
春節真っ只中の北京です。まだまだ寒い日が続きますが、春節が過ぎると中国人は春気分になるのでしょうか。道行く人々の服装が軽快になってきました

今日のENOMOTO先生のフラワー教室はTHE 新春オレンジ&イエローベースの丸い籠のアレンジでした。


コデマリ、ラナンキュラス、デンファレ、薔薇と本日の花材は少なめ。
にもかかわらず、この華やかさ
20100223.jpg
ポイントは籠の丸い形状を生かすこと。そして真ん中の空間を綺麗に残すこと。
花の無いところ。余白部分が大事なんですね。

ラナンキュラスは華やかなのに押しの強くない雰囲気で大好きな花の1つ。なのに名称の語源はラテン語のカエルに由来するらしいですね。葉の形状がカエルの足に似ているからとか。美人顔なのに、ちょっと間の抜けた名前の由来を持つ所がまた憎めない、可愛いラナンキュラスです。

スポンサーサイト
1月のアレンジ
2010年02月07日 (日) | 編集 |
アイビー、アネモネ、デンファレ、薔薇、ナデシコで作ったドーム状の土台は中央部分に空間を空けて。土台からは紫のアネモネを円形に指すと・・・中央部分は覗き込みたくなるような丸~い空間に仕上がります・・・仕上がるはずです。

20100126a.jpg


折角なので、友人から拝借した猫のフィギュアを置いてみました。こんな所にまでネコ好きが及んでいます

紫のアネモネは1日経たずに立ち枯れてしまいました。北京の乾燥に耐えられなかったようです


1月のフラワーアレンジ
2010年01月26日 (火) | 編集 |
アイビー、アネモネ、デンファレ、薔薇、東大、ナデシコで作ったドーム状の土台は中央部分に空間を空けて。土台からは紫のアネモネを円形に指してアレンジ中央に覗き込みたくなるような雰囲気を作り出します。

20100126a.jpg

花材は全て斜めに向けて。後からお花が咲く空間を考慮して詰めすぎないように常に先生からチェックが入るのですが、今回のアレンジはお花が咲くことなく終わってしまいました。終了後すぐにお水をあげれなかったので乾燥しすぎてダメにしてしまったのかもしれません・・・


軽ドーム+チューリップ
2009年12月22日 (火) | 編集 |
2009年最後のお花教室。今回はチューリップのアレンジです。25日のXmasホームパーティに飾る花を用意しなければと思っていたので、私としては丁度良いタイミングでの教室開催日。

使用花材は「チューリップ、アイビー、ヒペリカム、コデマリ、ナデシコ、蘭、ラナンキュラス、ユーカリ」
ピンク、紫と赤の色の組み合わせが華やかで可愛らしいアレンジとなりました。

土台部分は軽ドーム状に
(↑先生語です。軽くドーム形状を作るの意)
091222.jpg
チューリップは生けた後からも成長するため、
形の決まったアレンジには不向きで単独で使用するのが良いとのこと。


注意事項はいつも言われていることなのですが、やろうとすると出来ないことばかり。
・オアシスを自然に隠すこと
・花が後から咲ける空間を考慮すること
・花の向きと角度に注意すること

しかし今回のアレンジは可愛らしいのですが独創的でテーブルフラワーにはあまり向いてないみたい。25日までに時間があったら市場まで買いに行かなければ~


SOHOエリアのレストラン
2009年12月11日 (金) | 編集 |
SOHOエリアの中心部、Staunton Stは先日blogに書いた陶器店『興祥富記』、雑貨店、可愛い洋服の店、アンティーク店以外にも各国料理のレストランにBARも並ぶ密度のとっても濃いストリートです。

海鮮アレルギーでスープヌードル嫌いの夫が旅のパートナーなので、中華料理以外の料理が並ぶこの界隈は我々にとって本当に有難い場所でした。

とある日のランチはネパール料理
091211_3a.jpg

辛くないインド料理といった雰囲気のネパール料理。
アトピーで刺激物を控える私には嬉しい味付け
091211_3b.jpg

夜のStaunton St
091211_3c.jpg
店内はガラガラなのに外のスタンディングバーでは人々が鈴なり。
12月に外で飲めるなんて・・・北京なら絶対有得ない~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。