現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外で母子手帳
2010年02月19日 (金) | 編集 |
妊娠したら「母子手帳」なるものを市役所からもらうことは知っていたのですが、母子手帳は単なる記録の為のメモBOOKだと思っていた上、海外暮らしで住民票を抜いてしまった今となっては何処で入手するのかも分からなかったので、ずっと無いまま北京妊婦生活を過ごしてきました。

しかし先日、日本の患者さんを多く診ている担当医から「もしも将来日本の学校にお子さんを入学させるとしたら、母子手帳がワクチン接種証明書代わりになるので持っていたほうがいいと思いますよ。」とアドバイスされて、母子手帳を探すことに。

当初は大使館で配布してないかと期待したのですが、在中国の大使館では配布は行っていない様子。次に最後に住民登録をしていた役所に問い合わせたのですがこちらも望み薄。

結局、財団法人母子衛生研究会が発行する『バイリンガル母子手帳』をnet上で購入、丁度EMSを日本から北京に送ろうとしていた友人の荷物に便乗させてもらって入手しました。


日本語英語併記版
20100219a.jpg

中身も全て二ヶ国語表記
20100219b.jpg


将来日本の学校に入学させるかどうかは分かりませんが、小さいころの身体の記録が1冊にまとまって残るのはとても便利だと思うので、有料とはいえ入手出来て良かったです。



財団法人母子衛生研究会
http://www.mcfh.net/

スポンサーサイト
OKAIDI
2010年02月18日 (木) | 編集 |
今まで自分も周囲も子供がいなかったので、子供の事や子供用品の事がサッパリ分からず子供用品の準備を後回しにしてきました。しかし気づけば出産まで後2ヵ月半。北京で入手できないものがあれば日本かフランスから取り寄せなければいけないので、最近やっと重い腰をあげた私。近頃のウォーキングはリサーチを兼ねてショッピングモール内をよく歩いています。

話は飛びますが、北京で妊婦服を探した時に可愛い妊婦服を入手するのはここでは無理だと悟った私。チュニック+ヒートテックのレギンス、マタニティ用タイツ、マタニティパンツ2本で北京の冬を乗り切ってきました。

当然のように「子供服も可愛いものは北京では買えっこないわ~。日本かフランスで買いましょ・・」と決め付けていた所、SOLANA(ショッピングモールの名前です)内でフランスの子供服ブランドOkaidiを発見。しかも50%OFFセール中でした。

20100218a.jpg

4点買って521元(約7200円)
20100218b.jpg


男の子だし、これ位可愛ければ十分です!!肌着類は日本で手配して送ってもらうし、これで洋服は準備OK?!でもベビーカー&ベビーベッドの大物の買い物がまだなんですよね・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。