現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京鑑賞動物医院
2007年05月16日 (水) | 編集 |
フト気が付いたらアト嬢のワクチン有効期限が過ぎていました。あの渡航準備からもう1年経ったのね~。シミジミ。

普段具合が悪いときはICVSに通っているのですが、今回は北京鑑賞動物病院に初挑戦。

何故ワクチンの時だけ病院を変えたのかというと・・・
それは日本出国時に成田動物検疫所で言われた事が大変気にかかっていたからです。

日本を出発したあの日、成田動物検疫所の職員さん達は口々に「中国から戻ってくるのは大変なんですよ~。あんな問題もこんな問題も起きたんですよ~。」と緊張する私を更に怯えさせてくれました

更に「政府が認めた動物病院が発行した書類でないと北京検疫局で認められなかったっていう話も聞きましたよ~。」と教えて頂いたのです。

なので予防接種は全て北京出入境検験検疫局指定病院で受けよう!!と心に決めていたのです。


病院外観
070516a.jpg



北京出入境検験検疫局指定病院は北京内に幾つか存在します。
参考URL:在中国日本国大使館 領事情報
http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/animal-ctoj_j.htm

北京鑑賞動物医院を選択したのは、日本で勉強され日本語話せる陳先生が在籍されていることと周囲にこの病院の経験者がいて、事前に大体のお話を聞くことができたからです。

本日は3種混合ワクチン接種とフロントラインを処方して頂きました。全部で150元。

病院での流れはこんな感じ

 ① 受付に担当医師の名前を告げて診察料を支払う
 ② 支払伝票を持って突き当たり左側にある診察室へ向う
 ③ 順番が来たら診察台に受付でもらったピンクの不織布を置いて
   その上にペットを乗せる→診察
 ④ 診察後、獣医師が記載した投薬内容の伝票を持ち、
   再度受け付けに戻って薬、ワクチン代金を支払う
 ⑤ 薬局に移動して薬の支払伝票を提示、薬をもらう
 ⑥ 予防注射室に自分で移動、別の担当者からワクチン接種を受ける

処方されたワクチンはアメリカのintervet社製 PROTEX-3。この病院では5種混合は扱っていないとのことです。

診察料は担当する医師によって値段が異なります。人間の病院も同様なんですよ。この辺がヤケにシビアで中国っぽい感じ。なので受付では担当医師の名前を尋ねられます。中国語が怪しい場合は陳先生のお名前を紙に書いて受付で見せれば大丈夫です。

ワクチン接種後は北京市動物健康免疫証が発行されました。この手帳は再び中国から出るときに必要となります。

070516c.jpg



今月末か来月辺り、狂犬病ワクチンの為に再度来院しなくては~。



北京鑑賞動物医院
北三環中路7号
tel:6237-1359/6204-9631
070516b.jpg


陳先生の診察日は毎週火曜日
大学で先生のお仕事もされているので要!事前確認。



追記:2009年5月13日
現在はICVSも指定病院として認可されており、ICVSで狂犬病ワクチンを摂取した場合も認められるようになっています。



にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
スポンサーサイト
減肥
2007年05月16日 (水) | 編集 |
ダイエット・・・・

私じゃありません。アト嬢のことです!!
(いや、やっぱり飼主の方が緊急にダイエットの必要アリかも)

今日動物病院で体重を量ったところ・・・

4.4kg!!

3.8kg以下を目標にしてるというのに、軽~く0.6kgも上回ってる!!
Kさん宅のマウくんは男の仔なのに4.0kgだというし・・・。これはマズいです!!


070515.jpg

オデブちんの後姿
そんなに太ってると思ってなかったんだけど・・・


明日からカリカリ45gを40gに減らしてダイエット開始です。
でもね・・・。ここは中国。もしかしたら動物病院の体重計が壊れている可能性も捨て切れません。ものすごく旧式な上に恐怖を覚えるほど汚れていたしな。

にほんブログ村 猫ブログ エジプシャンマウへ にほんブログ村 猫ブログへ  100%猫。(猫親戚探し)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。