現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利苑で飲茶
2008年02月29日 (金) | 編集 |
本日は久しぶりの飲茶。利苑は以前から行ってみたかったレストランの1つ。お友達から「ペニンシュラよりも美味しい飲茶」と噂を聞いていたので期待大で臨んだ今日のランチ。

昼食時はほぼ満席。テーブル間を忙しく歩く服務員は皆キビキビと働きサービスも行き届いていて、香港の高級レストランにいるような気分に。と思ったらこの利苑は香港系のグループ企業だったのですね。

気になる飲茶のお味は噂通りどれも美味しくて・・・写真を撮る間もなく食べきってしまいました。こちらは蟹餃子スープ。料理は全て上品なお味でいくらでもスル~ッと胃に収まってしまいます。

080229a.jpg



中華が好みでは無いウチのダンナッチも飲茶は大好き こんなに美味しい飲茶のお店、次回は旦那様を連れて戻らなくては!!



利苑 LEI GARDEN
http://ihs.microweb.com.hk/~design/leigarden/index.htm
東城区金宝街89号 金宝ビル3F
010-8522-1212
スポンサーサイト
桃の節句
2008年02月26日 (火) | 編集 |
北京で暮らすようになってから、柄にもなく日本の行事ごとの飾り付けや料理をするようになってきました。日本時代は空気のように当たり前だった日本の行事やしきたり事。夫が外国人ということもあり、日本在住時は全く何もせずに過ごしてきたのですが、母国から離れてみると急に懐かしく大事に感じるものなのですね。

本日はenomotoのお花教室、季節感溢れる桃の花と菜の花を使ったアレンジです。

080226a.jpg



使用花材はタニワタリ、ミロングラス、アイビー、ラナンキュラス、コデマリ、フリージア、菜の花、金魚草、ユーホルビア、ミスカンサス。いつもはナチュラルを目指して活けていますが今回は装飾的に半球を描くようにしています。

今回はミスカンサス(細長い葉)が猫の餌食に。葉の中央付近に牙をサクッと立てて、穴あけパンチ猫化。歯を穴だらけにして遊んでる・・・・。アト嬢は毒のあるユーホルビアには興味が無い様子で一安心。


080226b.jpg



雛祭りの原型は古代中国の上巳節なんだそうですね。3月最初の巳の日に川に入ってケガレを清める行事が日本に伝わり、日本の雛祭りに変化していったとのこと。

海外暮らしで急に日本行事に興味が出たのは郷愁(これも柄にも無い言葉だなぁ)もありますが、日本の行事のルーツが数多くある中国暮らしになったことも大きいかもしれませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

2月22日は猫の日
2008年02月22日 (金) | 編集 |
2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日なんだそうですね。ネコバカと名乗るからには猫を満喫する1日にしたいところだったのですが・・・。夫が出張で不在のため、日本食満喫DAYと相成りました。


午後になると日差しが一番良く当たるガラステーブル
猫の爪で傷がだいぶついてきたので、カバーをかけました
080222.jpg



春節後の北京の天候はまさに小春日和。毎日ポカポカです。猫にとっては毎日が至福のお昼寝日和。

猫GOODS、再び!
2008年02月20日 (水) | 編集 |
仕事を辞めて北京に来てから色々な友人が増えました。netで知り合うお友達もでき始めて・・昔ならnetでお友達なんて考えられなかったな。今ではnet無しの生活が考えられなくなりましたが。

本日掲載の猫GOODSは友人Kさんから頂いたもの。


エジプシャン・マウ、シルバーに似た
シルバーベースの猫マスコット
080220a.jpg

ニットキャップが可愛い


才色兼備という言葉がピッタリのKさん。彼女はプレゼント上手な方。その人の喜ぶモノを知る洞察力、探すリサーチ力、更にはさり気なくも心憎い渡し方・・・。見習いたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
猫GOODS!
2008年02月18日 (月) | 編集 |
猫を飼い始めてから、猫GOODS収集にヒタ走るネコバカです。

東京ではアチコチで可愛いものを見かけますが、北京では・・・・残念ながら可愛い系のモノは期待できないですね。本気な猫の絵なら見かけますが。しかも豹柄猫GOODSとなると遭遇する確率はかなり低目。

でもね・・・北京にもあったんです、豹柄猫GOODS!


080218b.jpg

猫友、SATSUKIさんからの情報提供によりGET
豹柄猫;ウエスタンVERSION


080218b.jpg

猫、チェック中。
「クンクン・・・ナニ?!何者ナノ?!」


表情は似ておりませんが、模様はソックリ!
ネコバカ、大満足です!!
080218c.jpg




にほんブログ村 猫ブログ エジプシャンマウへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ にほんブログ村 猫ブログへ  100%猫。(猫親戚探し)



久々のダック@利群
2008年02月16日 (土) | 編集 |
噂でしか聞いたことの無かった北京ダックレストラン利群。難易度高そうなので行った事が無かったのですが、今週末、運良くsatsukiさんご夫妻に案内して頂けることに!

以前は狭い胡同の中にあったのでTAXIで乗り付けられず、前門から延々と歩かなければいけなかったそうですが、現在は再開発で大きな道が通り店の近くまで車で行けます。便利な反面、街の味わい深さは半減ですが・・・


レストランの対面にはヘタ可愛い目印が
080216a.jpg


付近の胡同は再開発が進んでいますが、レストラン自体は・・・
十分味わい深い古さです
080216b.jpg

壁面にダックを焼くための薪が積んであり
「薪で焼くなんて、絶対美味しいんじゃない?!」と期待感を煽ります。


お店で何を食べたかは・・・satsukiさんのblogからどうぞ~。(手抜きでごめんなさい)

慣れた方とご一緒すると見知らぬ美味しいものが食べれて嬉しいですね。普段は決して頼まない内臓料理を選んでくれたのですが、全て臭いも気にならず、味も美味しいものばかり!!satsukiさん、有難う~

気になるダックのお味は・・・コッテリジューシー系。冷めると脂が気になりますが、熱々のウチに頬張ると油がサクッと溶けて美味しい!!熱いうちに急いで無言で食べるべし!

店内は暖房設備が整っていないので、寒い季節に行かれる方は防寒を!



利群
No.11 Beixiangfeng, Zhengyi Road,
Qianmendong St. Geijing
tel:6705-5578

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
初級評茶師
2008年02月13日 (水) | 編集 |
以前に受験した初級&中級茶芸師の資格証書が届きました。一応中国政府による国家資格なんですよ・・・ハハハ

現在は別のコース;評茶師初級を受講中ですが、後数回でこちらの講習も終了。また試験です。というわけで何の気なしに日本の中国茶サイトを調べたら、日本でも評茶師の試験って受けられるんですね!!知りませんでした。

以下、asahi.comより記事を抜粋


プロも注目、中国茶のソムリエ「評茶員」


中国茶を鑑定する資格「評茶員」の養成講座と検定試験が2月、東京で行われる。講座では、茶葉の品質管理など、奥深い中国茶の世界を学べる。中国政府による国家公認の資格でもあり、プロの肩書として注目を集めている。(アサヒ・コム編集部)

 「評茶員」は、初級から高級技師まで5段階あり、日本では、初級と中級を取得できる。茶畑の土壌や、化学成分、茶葉の特徴、鑑定の仕方まで、幅広い分野の知識と技術が求められる。

 日本での講座は2004年に初めて開かれ、今まで約70人が中級の資格を取った。主に中国茶店の店員らが、日々の仕事に生かすため受講している。

 過去の受講実績などで金額が変わるが、初めて中級の試験に臨む人なら約20万円かかる。決して安い金額ではないが、大手飲料メーカーの社員が商品開発に役立てようと参加するなど、仕事に直結する資格として認められつつあるという。

 古来、中国では、国の研究機関などに従事する専門家はいたが、一般の商店で働く人向けの資格はなかったという。中国茶が国内外からの人気を集めるようになったことなどから、約10年前、専門の国家資格である「評茶員」が生まれた。

 日本ではNPO法人の「NPO CHINA 日本中国茶協会」が窓口となり、養成講座と検定試験を主催している。



記事引用元
http://www.asahi.com/komimi/TKY200801120129.html


取得出来るのは良いけれど・・・20万円に驚きですよ!! 一体この資格の何にそんなにお金がかかるのかしら。茶葉代?著名な先生を中国からお招きしているとか?

いずれにしても中国在住中に取得しておいて良かった~。帰国したら飲料メーカーにでも履歴書送ってみようかしら?!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
初五
2008年02月11日 (月) | 編集 |
旧正月5日目の北京。我が家周辺では旧正月1日目、更には大晦日よりも激しく花火が打ち上げられてすごい大音響! 今日の花火は全体的に規模が大きいのか数キロ離れた公園の花火まで見ることができます。

080211a.jpg

私達の住んでいるマンション内は花火打上が禁止なのですが、入口のTAXI乗り場が花火場所として開放されており、住民の皆様はそこで花火を打ち上げます。

昨年のお正月はローカルエリアに住んでいたので、「打ち上げ場所」など決まっておらず皆空地があれば何処でも着火。昨年は今年よりも何倍も凄い花火を見ることができたものです。本当に凄かった!!

といってもこちらで上がる花火は日本で個人が扱うことはあり得ない大きなサイズ。音だけでなく振動もすごい。窓前に置いたキャットタワーのバネネズミの玩具も花火に合わせて振動中!

ところで中国では旧正月5日目を初五といって、今日から本当の新年が始まるとしているそうです。更にこの日は・・・財神の誕生日

財神にあやかろうとして大晦日よりも多くの花火が打ち上げられるのかしら・・・・。凄い騒音で今夜も眠れない夜になりそうです。



[ご参考]初五について

旧正月5日目 初五・破五 福の神の誕生日
酒肴を並べて、福の神を迎えます。お供え物は祭壇から下げられ、いつもの生活に戻る日です。
昔の習慣では、農暦の12月23日から、正月の15日までは「大年(新年を迎える期間)」とされていますが、本当の「新年」は、大晦日の日から新春の初五(農暦正月五日)までで、この五日間は、「火」を点けず、「鋏み」に触れず、「包丁」にも触らない生活をします。伝説によると、火をつけて料理を作ると「火事の災」にあい、鋏みを使うと「口喧嘩の災」にあい、針で裁縫をすると「目の災」にあい、包丁を使うと「出血の災」にあい、又、ゴミを捨てずに「宝を貯める」とされていますが、一年間苦労してきた家庭の主婦を休ませるという意味もあります。
「破五」の意味は、この日を過ぎればすべての禁固が解禁されて、本当に新しい春を迎え、新しい年が始まるとの意味です。この日を迎える為、北方の多くの家庭では餃子を作り、又わざわざ何個かを破って「破五」を迎えるのです。「初五」の日は新春の始まりだけでなく、「財神(財産を配る神)」の誕生日とも言われています。



中国まるごと百科事典より引用
http://www.allchinainfo.com/culture/holiday/chunjie.shtml


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

まるで社長室!?
2008年02月08日 (金) | 編集 |
夫が仕事関係で頂いてきました。
こういうお花、昔昔に社長室で見たよな・・・。


080201.jpg



これって沢山の株を束ねてこういう形状にしてるものなんですね。よく見ると各茎を紐やクリップでまとめて全体的に流れるような形に作ってありました。

とにかく枯らさないように気を付けます~

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

春節快楽
2008年02月07日 (木) | 編集 |
!春節快楽!

西暦のお正月も日本で祝いましたが、本日は旧暦のお正月。

写真ではその迫力はお伝えできませんが、近くのローカル市場/ローカルマンション/駐車場などなど、あちこちから狂ったように花火が上がり、圧巻の大パノラマ!家のなかにまで火薬臭が立ち込める程の勢いです。


080207.jpg



中国では大晦日の夜は家族で餃子を包んで食すのが習慣。我が家もやろうかな?と思いましたが残念ながら今日は夫が出勤だったので簡単に夕食は済ませてしまいました。

夜からは寒~い中我が家に訪れてくれた友人夫妻と花火見物。美味しいワインを飲みながらマッタリと大晦日の夜を過ごしました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

レストラン難民でTANDOORへ
2008年02月06日 (水) | 編集 |
本日は旧暦の大晦日。止せばいいのに外食に出かけた我々夫婦。お目当てのレストランに来てみたら・・・当然休み。他の心当たりもお休みばかり。夫は午後から出勤しなければならないし、どうしよう・・と思ってましたが、「そうだ。ホテル内なら営業してるはず」と思い立ち、兆龍飯店のインドレストラン、TANDOORへ。

天井からは漢字のオブジェが無数に吊り下げられて
外国人好みかつ煌びやかな内装
080206.jpg



ここのランチは70元程で前菜/スープ/タンドリーチキンとソーセージ/カレー3種/お米にナン/デザートと大変お得なのです。そしてこれこそが最も重要ですが・・味も美味しい!

1週間続く春節休暇、もう1度くらいお世話になりそうです。


TANDOOR
北京市工体北路2号 兆龍飯店 1F
6597-2211

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ



ねこじゅうたん
2008年02月04日 (月) | 編集 |
お友達のKさんが日記に載せていたURLを覗いたら・・・
可愛いねこじゅうたん動画が
ノケゾル程に可愛いです

nekozyu.jpg

上記画像参照元はこちら↓
http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_pickup/2007/nekocafe/index.html



!!猫好きの方必見ですよ~!!
↓こちらからどうぞ~↓
http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_pickup/2007/nekocafe/index.html
怒るならナゼ売るのか??
2008年02月01日 (金) | 編集 |
春節(旧正月)まで後少し。春節中、自国のカレンダー通りに働く夫は出勤なので特に海外旅行もせずに自宅でマッタリする予定(マッタリするのは相変わらず妻のみ)の私達です。

080131.jpg折角のお正月。何もないのは味気ないので少ないお正月飾りを引っ張り出して飾ってみました。

日本の飾りと中華風の飾りがmixされて少々怪しいのですが、ま、いいでしょう。

中華風は縁起の良いとされる赤色ばかりで、あまり中華風を増やすと毒々しい雰囲気が感じられてしまうので、玄関には桃の花を。

この桃の花。3枝で50元だったのを40元に値切りました。約640円。

お店のオバチャンに「55元でなきゃ売らないよ!」と言われたので、使い古されたテではありますが、「じゃ、要らない。ほかの店で買う」と言い残して去る私。

そしてやっぱり追いかけてくる店のオバチャン。「全く40元なんてあり得ない値段だよ。本当に信じられない。アンタね。こんなに安くしてあげたんだからねっ。また店に来るんだよ!!

080131a.jpg10元の値切りが余程悔しかったのか、恩着せがましいセリフは延々と続き・・・表情も怒ってるし。しかもまだまだ言い足りないらしく傍にいた私の友人まで捕まえて、「何考えてるんだ!40元なんて!!」と愚痴ってる。

40元で入手出来たのは嬉しいけれど、そんなに怒るんだったら売らなければいいのに。これからお正月だし、少し我慢して待てば言い値で買うお客さんも来るかもしれないのにね。

市場の売り手さんは値切り倒すと怒りながら売ってくれます。1度など悔し泣き(ウルウル程度)しながら売ってもらったことも・・・ これをヤラれると最初はドッキリしたものですが、最近は底値まで値引けたのかと思って嬉しくなるネコバカです。性格悪すぎ?!いえいえ、悔しがるのは実は底値と思わせる演技かもしれないし・・・ナドト思ってしまうワタシ。やっぱり根性曲がってきたのかな。

ところでこの桃の花。1週間も持たずに枯れ始めました。2月7日のお正月まで持ちそうにありません。これじゃ40元でも高かったぁ~!!

ところで、2番目の画像はネズミ柄の切り絵。スーパーの春節コーナーはお正月飾りで一面真っ赤!!黄金色と赤色の煌びやかさが目に沁み入ります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。