現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのXXX絞り
2008年05月12日 (月) | 編集 |
久しぶりに行ってきました、動物病院。今日の目的は三種混合ワクチンの接種です。

以前はアメリカ人の女性獣医師さんに診て頂いていたのですが、彼女は帰国してしまったので今回の予約は特に指名せず。当日待っていたのは中国人の女性医師、そして中国人のアシスタント男性、更に通訳の女性と3名(!)

先ずはアシスタントくんが体重を計ってくれて・・・あれれ?ソフトケージにアト嬢を入れたまま計測していますが!?これで良いのか?!さすが中国。アバウトだなぁ。

更に獣医師による一通りの健康チェック。「健康には問題ナシ」と分かったところで・・・以前から気になっていたアト嬢の行動について質問してみました。ウチの猫はここ半年ほどお尻を絨毯の上で引きずる仕草を繰り返していたのです。当初はウ○チの切れが悪いのか??と思っていましたが・・・どうやらそうでもない様子。

猫の本やInternetの情報から、どうやら肛門腺絞りという処置が必要らしいとはウッスラ分かっていたのですが、そのやり方を読むとどうにも怖くて自分ではできないまま次回ワクチンまで保留しておりました。アト嬢、ごめんよ

で、やっぱり肛門腺絞りをすることになったアト嬢。アシくんにガッチリ固定されて獣医師さんにお尻をギュギューッと絞られた!!彼女は怒り&恐怖でシャーッをしていましたが、お2人は全く動じず処置を続行。5回ほど絞って終了となりました。

夫と2人、ついつい好奇心にかられて絞ったブツを嗅いでみたら・・・今まで経験したことのない悪臭が! 嗅がなきゃよかった!!

処置中は大変お怒りのお猫様でしたが、全部出たらスッキリして怒りも消えたらしく・・・帰宅の為にケージを開けても入ろうとせず診察室を探検。「まだ病院にいる!」と主張する彼女を捕まえて、無理やりケージに入れて帰宅しました。


スッキリして良かったね!
080512.jpg



今回の診察費は全部で200元。ワクチン代150元+診察料50元。3人で対応してくれたのに50元。以前のアメリカ人獣医師さんは300元程の診察費だったな・・・。もちろん彼女はスキルもあるし電話やメールもこまめにくれる良い方でした。

でも今回の獣医師さんも同じく大変感じの良い方だったし、中国語Onlyですが通訳も入るので問題ナシ。新しくフランス人獣医師がメンバーに入ったと聞きましたが、外国人獣医師は費用が高いと思われますので・・・次回の狂犬病ワクチンもこの先生にお願いするつもりです。

にほんブログ村 猫ブログ エジプシャンマウへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ にほんブログ村 猫ブログへ  100%猫。(猫親戚探し)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。