現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pissaladiere
2009年02月14日 (土) | 編集 |
今日はバレンタイン。特別な日だし、たまには夫に故郷の味を・・・と思い立ち、南仏風ピザPISSALADIEREを作ってみました。

用意するのは・ピザ生地・玉ねぎ・アンチョビ・オリーブ。 ピザ生地はフードプロセッサーで回すので実に簡単&楽チン。ポイントは玉ねぎ、「ジャムですか?」位にクタクタに煮込んで甘さを引き出します。

レシピによっては土台にトマトソースを塗る場合もアリ
090214a.jpg
黒オリーブの方がより南仏らしさが出ますが
今日はアンチョビ入りグリーンオリーブを使用


南西フランス出身の夫はオリーブ&アンチョビが大好物。とりあえずコレさえあれば大満足なので、中国北京暮らしといえども、家に欠かさないように常備しています。日本人なら漬物&塩ジャケって感じでしょうか?!

常備・・・しているはずだったけど、「さぁ、生地を伸ばして焼くか」の段になってアンチョビ缶を切らしていることが発覚。ガーン 我が家の近所には外国食材スーパーが無いので面倒ですが、アンチョビが無ければピサラディエールは完成しないのでオーブンを止めてJenny Lou's(外国食材のあるスーパーです)まで買いに走りました

さて、完成したピサラディエール。大好物なので夫は超速で一気食いです。「懐かしい味?本物っぽく出来てる?」と尋ねる妻に夫が一言。

「美味しいよ!!でもこれはボクの故郷の味じゃないよ。寧ろProvence地方のものだよね。」

半日かけて(チョコレートケーキも作ったけど)作ったのに基本を間違えた。ま、喜んでくれたら、それで良いか~。


            


ピサラディエール、作ってみたい方はコチラ
ELLE a table ONLINE
のサイトにレシピがあったので、興味のある方は挑戦してみて下さいね。

南仏くいしんぼう紀行 VOL8
http://www.elleatable.jp/atable/cooking/nanfutsu/vol8/index.php




ちなみにこれが本当の彼の故郷の味。カスレ
090214c.jpg

インゲン豆と肉(ソーセージ、鴨のコンフィetc)を土鍋で煮込みます。肉肉しくて、あり得ないほど油っぽい。でもそのコッテリ感がたまらなく美味しい一品です
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。