現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xmasツリー
2009年11月30日 (月) | 編集 |
今年はXmasツリーをリニューアル。今まで日本から持ってきた120cmのツリーを飾っていたのですが、東京時代の約3倍の面積となった北京でのアパートの中では、小さすぎていかにも寂しげだったので思い切って2.1mのツリーを購入。

ツリーは女人街で購入したのですが去年よりも値上がりしています。全体的に値上がりしているのに品揃えは去年より悪くなりました。去年は欲しいものが沢山あったのに、今年は安っぽいプラスチックのオーナメントばかりで、かなりイマイチです

でも懲りずに亮馬花卉市場も覗きに行ってみるつもりなんですけどね。


木陰がアト嬢の新しい定位置となりました。
091130.jpg
木陰に潜み、我々奴隷共を見張る仕事に勤しんでいらっしゃるようです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
スポンサーサイト
la crèche
2009年11月26日 (木) | 編集 |
イギリス大使館で開催されたXmasチャリティー・バザーで木彫りのクレッシュを入手。

091126a.jpg

クレッシュとはキリスト誕生のシーンを人形で再現した飾り物のこと。本来なら毎年少しずつ各人形(聖母マリア、誕生後のイエス、ヨゼフ、3人の賢者達etc)や各パーツ(ロバ、飼い葉桶、牛etc)を買い集めて完成させていくものです。私達もいつかは揃えたいと思っていたのですが、海外暮らしではなかなか実行も出来ず今までクレッシュは持っていませんでした。

このセットはかなり荒削りの人形で、どれが聖母マリアなのかもよく分からない位な上、飼い葉桶のイエスはただの球であったりしますが・・・転勤の多い我が家では当分活躍してくれるXmasの飾りになりそうです。

いつか集めたいのはサントン人形のクレッシュ!テラコッタに手書き彩色したプロヴァンスのサントン人形で揃えたいですね~・・・しかしいつの事になるのやら。


サントン人形のクレッシュ
091126d.jpg
091126c.jpg
091126b.jpg
POPな物からリアルな物まで色々とありますが、リアル版が好きだな~


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
中国紅茶を楽しむ秋
2009年11月20日 (金) | 編集 |
今日はのんびりとバスでお出かけ。といってもバス車内はギュウギュウ詰めでノンビリとは程遠かったけど・・・。


寒風吹きすさぶ前海
091120a.jpg
池は既に凍り始めています。

寒い水辺を早々に退散して煙袋斜街へ
091120b.jpg

お友達お勧めのベトナムレストラン『西貢』でランチ
091120c.jpg

裏道から南鑼鼓巷へ入って胡同を散策
091120d.jpg

メインストリートのお店を覗いてから本日のお目当て『文鳥珈琲』へ
091120e.jpg

出不精の私が寒空の胡同をナゼに散策していたかというと・・・・
本日はTOMOKOさん丁未堂さん&文鳥珈琲さんが主催する
『中国紅茶を楽しむ秋』の会に参加する為だったのです。

091120f.jpg091120g.jpg

091120h.jpg


素朴で可愛らしい丁未堂さんの作品を眺めつつ、高級茶芸師&評価師であるTOMOKOさんによって選び抜かれた紅茶と文鳥珈琲さんお手製の美味しいSWEETSを頂く・・・ し、幸せ過ぎ~ 3名の方がそれぞれの才能を発揮して作り出したイベントは素晴らしく居心地の良い空間でした。才能のある方達とお話するのって本当に楽しい!!開催者の皆さんにもっと色々お聞きしたいことが沢山あったのですが、あっという間に時間が過ぎてしまい、聞きそびれたことが多いまま会は終了したのでした。

主催者の皆様、楽しいひと時をどうも有り難うございました。春の企画もお待ちしています~

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
Le beaujolais nouveau est arrive.
2009年11月19日 (木) | 編集 |
夫の取引先が毎年招待してくれるボジョレーヌーボー・パーティ。3年前からお邪魔していますが、毎年確実に洗練されています。3年前の同じイベントでは、フロア中央にポツーンと設置されたダンスステージ上にてサクラのロシア人女性にディスコダンスを躍らせたりと、場末の香りがプンプンする侘し~い演出に息を飲んだものでしたが・・・・今回は何と瀟洒な一軒家レストランが会場でした。


揺らめくキャンドルに彩られたビュッフェ
091119a.jpg

中国のイベントでこれだけはどうしても外せないのか?
必ずやります「ラッキー・ドロウ」
091119b.jpg


3年前のイベントでは右手にワイン&左手に西瓜ジュースを持って交互に飲む人、赤ワインに氷を入れる人etc様々に創造的な飲み方をする人々を見るのが面白かったのですが、今年は全然様子が違いました。

いかにも「ワタクシ、外資に勤めてます」風な女性がワイングラスを回して香りを確かめていたり、ビュッフェに突撃せずにワインを楽しんだりする姿を見て、たった数年での変わりようにビックリ!

しかし洗練されたとはいっても大多数のゲストはビュッフェ・オープンと共に食事に群がり、食べつくすと帰ってしまうんですけれどもね。これはどんなイベントでも似たり寄ったりで、今回も食料が尽きたら潮が引くように半分以上のゲストが消えてしまいました。まだまだイベントは続いていたのに・・・寂しい終わり方だな~


091119c.jpg
去年よりは美味しかった今年のGeorge Duboeuf
(他のは飲めなかったので不明)


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
LAGUIOLEナイフ ~6. ピック~
2009年11月13日 (金) | 編集 |
LAGUIOLEナイフ、最後のウンチクはピック部分です。

オーソドックスなタイプのナイフには今でもピックが付属しています。右側にある錐のような部分がピック。

お尻部分に折り畳まれているピック
091112c.jpg


ピックはこのナイフがかつて羊飼い達に使われていた事を物語る部分なのですよ。主な用途は2つあり、いずれも羊のメンテナンスに関係します。1つは蹄に詰まった小石を取り除くこと、もう1つは消化不良で胃の内部にガスが発生した時に胃の辺りをピックで刺してガスを抜くのに使用したとか。

現代はお役御免となってしまったピックですが、こうやって伝統のスタイルを残し続ける所に職人さん達の心意気を感じますね!

 1. 柄(素材)
 2. 柄(十字の鋲)
 3. 柄(mitres;柄のお尻部分)
 4. 蜜蜂マーク
 5. 刃(機械製品と手作り品)
 6. ピック



LAGUIOLEナイフ ~5. 刃~
2009年11月12日 (木) | 編集 |
日本ではワインオープナーが有名なLAGUIOLE。もちろんフランスでもワインオープナーは扱っていますが、専門店で幅を利かせているのはやはりナイフタイプ。

様々な素材の柄、手作業で打ち付けられた蜜蜂マークに加え、更に高品質を求めて選択出来るのがナイフの重要部分である刃。当然最高級は手打ちの刃となるわけです。


こちらは器械研ぎの刃
091112a.jpg




こちらが手打ち刃
幾層にも重なったレイヤーが見事です。
091112b.jpg



 1. 柄(素材)
 2. 柄(十字の鋲)
 3. 柄(mitres;柄のお尻部分)
 4. 蜜蜂マーク
 5. 刃(機械製品と手作り品)
 6. ピック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。