現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Venetian Macau Resort
2009年12月10日 (木) | 編集 |
あっという間に夜に。マカオの夜といえばカジノ?!我々は賭け事はやりませんが「カジノを見よう!」ということになり、タイパ島のヴェネチアン・リゾートへ行ってみました。


ネオンでピッカピカのヴェネチアン・リゾートホテル
091210_3a.jpg


巨大ホテルの巨大レセプションにはチェック・インを待つ幾つもの大体旅行グループの姿。一見して大陸からの団体旅行客だと分かる服装と言えば、北京在住の皆様は簡単に想像できるかと・・・。街中心部の観光地では全く見かけなかった団体旅行客。彼らはきっとフェリーから直接にカジノに移動するんでしょうね。そして有り余る中国元を握り締めて賭け事に熱中するんだろうな~。


お台場のヴィーナス・フォートにあまりにも酷似している
ホテル内部の巨大ショッピング・モール
091210_3b.jpg
ブランドショップが延々と続きます・・・


内部にいるのは圧倒的に大陸の中国人。物凄い買いっぷりです。買い物し過ぎてショッピングバッグの山が歩いているような女性達もアチコチに。きっとバブル時代の日本人もあんな感じだったんだろうな~。

さて、気になるカジノはどうだったかというと・・・

実は私、カジノを見学するのは人生で2回目。初めてはモナコのカジノだったのですが、映画から抜け出てきたようなカクテルドレスに身を包んだゴージャスな金髪女性やスーツ姿の欧米人達がスマートに賭け事をしていて、あの時は自分の場違いさに身の縮まる思いをしたものでした。

しかしここのカジノは全然違う!綿入れベストにトレパンを穿いたオバちゃん、足首丈のスラックスにポロシャツをインにして金のバックルを締めた角刈りのオジちゃん。部屋備え付けのスリッパのままのオジちゃん。とあまりにもフツー過ぎる大陸中国人達がワイワイガヤガヤ大騒ぎしながらルーレットやらブラックジャックに勤しんでいました。映画の世界というよりは、まるで「カジノ大工場」といった雰囲気です。



ショッピング・モール内のフードコートで『池記』を発見!
091210_3c.jpg
スープヌードル嫌いの夫との旅行では、なかなかワンタン麺が食べれないので
喜んで食べてみたら・・・フードコート内のせいか不味かった


二度とマカオのカジノには行かないと思います。賭け事が好きで普通語に堪能な方は試す価値ありかも!?

そうそう。マカオ滞在でやり残したことが1つ。それはエッグタルトを食べ損ねたこと!適当に散歩したせいでお店が見つからなかった~残念です。



マカオ⇔香港島へのフェリーは24時間就航しています。チケットは正規のチケット売り場でなくエスカレータ付近で売りさばくエージェントから購入した方がお得ですよ~。


スポンサーサイト
MACAUのキリスト教文化
2009年12月10日 (木) | 編集 |
ポルトガルの影響が色濃く残るマカオ。中国圏にも関わらずキリスト教に関する建築や文化が数多く見られます。


聖ヨセフ修道院
091210_2a.jpg
ポルトガル語と中国語の併記、瓦屋根のマリア様、お供えの花が仏花風etc、見事な中洋折衷


聖ヨセフ聖堂
091210_2b.jpg
とってもカラフルなイエス像
フランスの教会は色彩も少なく厳かな雰囲気ですが、
マカオの教会はカラフルで底抜けに明るい!



警察署前にもキリスト教文化を発見。
紙製のクレッシュ(キリスト誕生を表現する飾り物)
091210_2c.jpg

フランス版クレッシュでは欠かせない「牛」がココにはありません。
091210_2d.jpg
同じカトリックでもポルトガルとフランスでは違うのかしら。


聖ポール天主堂跡
091210_2e.jpg
聖母マリアの像の下には『MATER DEI』
ラテン語で「神の母」を表す単語が彫られています。

この巨大な建築は17世紀に建てられた教会の建物前面外壁部分。残りは火災で焼失したそうです。前面部分だけとはいえ見事な建築、彫刻そして大きさ。母国から遠く離れた極東の島に、南欧文化をそのまま再現することができた当時のポルトガルの国力が偲ばれます。



MACAU観光
2009年12月10日 (木) | 編集 |
今日は香港から離れてフェリーでマカオへ。約12年振り(!)のマカオです。以前来たときは中国と南欧が絶妙に混じった鄙びた街という印象だったのですが、周囲の話を聞くと今のマカオは別世界の発展振りらしいので、訪れるのを楽しみにしていました。

091210a.jpg091210b.jpg


セナド広場までTAXIで向かい、先ずは街の小路を当ても無く散歩。遥か昔に来たときは閑散とした街の印象があるのですが、TAXIから見る街並みには高層ビルと大型ホテルが立ち並び、観光の中心であるセナド広場は今や観光客で溢れ返っていて道も真っ直ぐには歩けないほど!西洋人観光客だけでなく大陸から来た中国人観光客も多く見かけました。

坂の多い街なので小路の散歩もあっという間に疲れてしまいランチ休憩を取ることに。レストランは『CLUBE MILITAR de MACAU』を目指しましたが満席で入れず。辿り着いたのが13:30では遅すぎたようです。いつも詰めが甘い我々の行動・・・しかし行き当たりばったりで思いがけず良い場所に巡り合ったりもするのでヨシとしましょうか。


091210c.jpg091210d.jpg
091210e.jpg091210f.jpg
南アジアの交通はやっぱりバイクが主流!




マカオ観光局
http://www.macautourism.jp/index.php


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。