現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の膀胱炎 経過2
2010年01月27日 (水) | 編集 |
抗生物質を投与しても一向に良くならない猫の膀胱炎話の続きです。朝8:00に彼女を病院へ預け、尿採取と検査が終わった連絡をもらった時は既に夕方16:00頃になっていました。

夕方で大渋滞の第三環状道路をTAXIで飛ばし(飛ばす。という動詞が不似合いな渋滞ぶりでしたが)急いで動物病院へ。診察室で待っていると、ソフトキャリー内から「シャー!」と威嚇しまくる声と共にアト嬢が入ってきました。どうやら相当怒っている様子・・・

検査の結果、結石や腎炎等の重篤な病気は全てネガティブで一安心。病気はやはり膀胱炎ということで、ドクターからは以下の説明がありました。

尿が濃いので摂取する水分量が不足している
  →シリンダーで強制的に水分を与えること
  →1週間だけ泌尿器に問題のある猫用のフードに切り替える
尿に蛋白が出ている
  →高蛋白のフードを中止(ウチの場合はシーバ)
  →オヤツの煮干も中止
尿に細胞片が認められる
  →膀胱内壁に細菌感染しているので抗生剤を継続して7日間投与
  →但し胃腸が弱い猫なので、飲み薬でなく注射が望ましい

膀胱炎の原因について
  →特定は不可能だが、ストレス、食事の変化、寒さなどが挙げられる。

原因について飼い主としては心当たりが色々ありました・・・Xmasのホームパーティで見知らぬ人が大勢自宅に来た事や香港で購入してきたペット用の煮干を12月中旬からオヤツであげていた事、例年よりも低い今年の北京の冬・・・etc。色々と重なって発病したものと思われます。

そしてちょっと気になることがドクターの説明後に発生。「それでは本日分の抗生物質を注射しましょう」となった時、助手さんがササッとカラーを取り出してウチの猫の首に装着したのです。今まで皮下注射でカラーなんて付けられたことがなかったので一瞬「?!」と思いましたが、ドクターの「1日一緒に過ごして、この猫が非常にセンシティブだと良く分かりましたよ。ハハハ…」のセリフと全身オシッコ臭くなっているウチの猫の状態から察して、アト嬢は留め置き中にかなりの狼藉を働いたものと思われます。

さてさて、やっと原因も判明して今日が治療の再スタートです。明日から7日間の通院を頑張らなくては~



病院メモ

費用
  Exam-Recheck 25元
  Marbofloxacin injection 120元
 Complete Blood Count 300元
 Urinalysis 150元
   留め置き費用は無料でした

                                      TOTAL: 595元


Marbofloxacin Injection (麻佛微素 MaFuWeiSu)抗生物質
血液検査
尿検査
スポンサーサイト
1月のフラワーアレンジ
2010年01月26日 (火) | 編集 |
アイビー、アネモネ、デンファレ、薔薇、東大、ナデシコで作ったドーム状の土台は中央部分に空間を空けて。土台からは紫のアネモネを円形に指してアレンジ中央に覗き込みたくなるような雰囲気を作り出します。

20100126a.jpg

花材は全て斜めに向けて。後からお花が咲く空間を考慮して詰めすぎないように常に先生からチェックが入るのですが、今回のアレンジはお花が咲くことなく終わってしまいました。終了後すぐにお水をあげれなかったので乾燥しすぎてダメにしてしまったのかもしれません・・・


猫の膀胱炎 経過1
2010年01月26日 (火) | 編集 |
2日間の抗生物質を飲みつつ火曜日まで経過を見ていましたが、残念ながら経過は芳しくありませんでした。相変わらずトイレに何度も出入りをし、尿量も以前より全然少な目です。朗報は治療前の尿量は『粒』サイズだったのが『ミートボール』サイズに大きくなったことでしょうか。そして尿の問題を除けば、彼女は全くいつもと変わらない態度でご飯の時間になれば元気一杯に「ごはーん!!」と督促しています。

本日は11:00頃に病院に到着。ドクターに経過を説明した所「やはり尿検査をする必要がありますね。」とのこと。しかし汚染されていない尿を素人が取るのは一苦労なので、猫を病院に留め置いて尿を採取することになりました。

「触診した所、現在膀胱内は空っぽですね。今日はもう12時なので明日朝イチで再度連れてきて下さい。」とドクター。しかしアト嬢はキャリーに入れようとすると恐怖でオシッコを漏らしてしまうので、明日連れてきてもやはり膀胱内は空っぽ状態になるに違いないから、今日これから留め置くことは出来ないかと相談してみました。

「尿関係の病気の最大の原因はストレスです。午後から留め置いても尿を採取出来ず、万が一宿泊することになれば、そのストレスが引き金になって悪化する恐れがあります。なので今日は戻って明日出直すのがベストです。
明日再び恐怖でオシッコを漏らしてしまっても朝から点滴して尿を作り出しますから。」とドクターの答え。

あまりにもご尤も過ぎるお話なので、明朝8時にアト嬢を病院に届けることと相成りました。

先生からは今日1日分の抗生物質製剤が処方されることになっていましたが、昨年はこの薬が引き金となって嘔吐→下痢と進んだので「昨年は投薬4日目から嘔吐が始まったので今回は容量を減らして飲ませていたけれども、この2日間にあまり効果を感じなかったので飲み薬から注射に変更して欲しい。」と訴えた所、ドクターからは「治療にはいつも1番、2番、3番の選択肢があります。それでは注射にしましょう。」と快く注射に切り替えてもらえました。ホッ。

明日は猫を1日病院に預けるので、受付からHospitalization and Medical Emergency Authorizationの書類を渡されました。何かあったら病院の判断にお任せします云々の同意書なのですが、その中の「In the event of the death of my pet, I request that __Held by ICVS and returned to me __Cremated with return of ashes」の一文を読んでついつい涙ぐむ飼い主でした。・・・膀胱炎くらいじゃ死なないって!!

さて、明日は朝8時までに病院です。早い~ 近頃メッキリ空きTAXIが減っている北京なので、きっと空車を見つけるのが大変だろうな・・・

最近写真を撮っていなかったので昔の写真を。
05-12-28_22-571.jpg
アト嬢、生後4ヶ月頃




病院メモ

費用
  Exam-Recheck 25元
  Marbofloxacin injection 120元

                                      TOTAL: 145元

Marbofloxacin Injection (麻佛微素 MaFuWeiSu)
  抗生物質

猫の膀胱炎 再び
2010年01月23日 (土) | 編集 |
冬といえば・・・我が家の猫の場合、それは膀胱炎の季節。12月25日のXmasホームパーティ以降、オシッコの調子が良くなかったアト嬢。あまり酷い状態では無かったので2週間程様子見をしていたのですが、昨日辺りからトイレの回数が急に激増したので動物病院に連れて行く事に。

今日は休日で夫が助けてくれて助かったのですが、彼女をキャリーバックに入れるのが近頃とても大変なのです。どこの猫様もおとなしくバックに収まったりはしないものだと思いますが、ウチの猫は以前キャリーバックに入れようとした時にビビってオシッコを漏らした経験がありまして、その際に床やオシッコのかかった洋服、バックの始末をする為に出発が数十分遅れたのです。それ以来、病院の気配を察するとワザとオシッコを漏らすという悪癖を覚えてしまった彼女お座りやらお手は全然覚えないのにな~、そういう時だけ物覚えが良すぎです。

今日のドクターは米国での経験があるのかな?と思わせる男性獣医師さん。過去に同じ症状で来院した旨を告げると、以前のカルテに目を通してから通常の健康診断→問診へ。結果、先ずは膀胱炎と肛門腺の治療をしてみて改善されないようなら尿結石ナドの別の病気を疑いましょうという事に。本日は注射で明日以降2日間はフードに混ぜて抗生物質を投与します。3日間の治療で上手く治りますように・・・!!


100123a.jpg


お会計時にレジ横で可愛いキーホルダーを発見。

100123b.jpg

ボランティアで猫の保護活動をしている方の手作りの品だそうです。何と活動している彼女はまだ高校生だそう!!凄い行動力です。彼女の活動はWebで公開されているので興味のある方は読んでみて下さいね。

Charly’s Cats

http://www.charlyscats.org/Charlys_Cats/Welcome.html




病院メモ

費用
  Exam-check 25元
  Marbofloxacin injection 120元
  Amoxicillin-Clavulinic Acid 14元
                                      TOTAL: 159元

Marbofloxacin Injection (麻佛微素 MaFuWeiSu)
  抗生物質
Amoxicillin-Clavulinic Acid (安奇 AnQi)
  抗生物質製剤
そういえば今回は肛門腺処理の代金が無料でした。入れ忘れちゃったのかしら?!ラッキー


↓1年前の治療状況はこちら↓

猫の膀胱炎
猫の膀胱炎 その後
猫の膀胱炎 その後2
猫の膀胱炎 その後3
猫の膀胱炎 その後4
猫の膀胱炎 その後5
猫の膀胱炎 その後6 最終日


 
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

L'aligot
2010年01月20日 (水) | 編集 |
今日のディナーは寒~い夜にピッタリの「Aligot」を。夫の故郷の郷土料理です。

Aligotとはマッシュポテト&クリーム&チーズの三大高カロリー食品を練り合わせたジャガイモ料理です。下のパッケージ写真のようにチーズのパワーで物凄く伸びるんですよ。これを練るのはかなり力仕事のため、夫の実家では義父の仕事となっていますが、我々夫婦の間では何故かこれは私の仕事になっていて・・・夫は作ってくれません。何故なんだ~?!インスタントで楽チンだからいいんですけどね・・・。

夫の地方のマルシェでは定番料理として出来合いのAligotが良く売られています。専門の機械でグルグルと練り上げていて、500gとか1kg単位でタッパウェアに詰めて売ってくれるんですよ。当然ですがインスタントよりも断然美味しい!!太ると分かっていても止められない料理の1つです。


付け合せはコンガリ焼いたソーセージが一番!
100120.jpg
写真を撮る間もなく食べてしまったので、パッケージの写真を掲載してみました。


副菜として夫にはレンズ豆とニンジンの煮込みとミートボールパスタのグラタン、私には茄子の煮浸しとけんちん汁です。Aligotと和食は全く合っていませんでしたが、全てを西洋料理にすると私は消化に苦しむので・・・これで良いのです!



↓Aligotをもっと具体的に知りたい方はこちらをどうぞ?!↓
Tommeという種類のチーズが入手出来れば作れますヨ。

アリゴ Aligot の作り方
http://www.cheesemarket.jp/howto/22.html
ナチュラルチーズ専門店「チーズマーケット」さんのコンテンツです。
子猫訪問
2010年01月12日 (火) | 編集 |
昨年秋に友人宅にやって来た子猫アメショ君のその後です。子猫が見たいばかりに友人宅に度々お邪魔させてもらっている私、ええ、そうです、ネコ狂いは自分の猫以外にも発揮されているのでありました。

友人宅のMくんはヤンチャ盛り、遊びたい盛りの可愛い盛りどんな玩具でも元気一杯遊んでくれるので、遊び甲斐があります!!ウチの猫様は中年のせいか、はたまた私の遊び方が下手なせいか、あまり遊ばなくなってしまったんですよね・・・。


10月のMくん
100112a.jpg
M君のラブリィ~ポイントの1つ。クルンと丸まった尻尾。

11月のMくん
100112b.jpg
全体的に大きくなりました。


12月のMくん
100112c.jpg
段々とお顔が大人っぽくなってきましたね~。
表情が大人っぽくても身体のバランスがまだまだ子供。
ギュギュッとコンモリした手が可愛いのだ~


Mくんの3ヶ月間の成長を写真で追ってみました。ああ、今月も会いに行っちゃおうかな・・・


北海道蕎麦NIGHT
2010年01月08日 (金) | 編集 |
ご近所の友人達&私の3名、夫が仕事で不在の夜。普段なら独り侘しく夜ご飯となるのですが・・・私の手元には北海道在住の友人から贈られた素晴らし~い一品、『北海道蕎麦&おぼろ昆布』が!!

和食に飢えた海外暮らしの中、こんなスペシャルな食材を独り占めするなんて出来ません。美味しいものは大勢で食べるともっと美味しく感じられるし というわけで女3人が集まって蕎麦NIGHTを開催。

100108.jpg


お蕎麦とSさん宅にあった昆布巻きの簡単な夕食でしたが、国のお味に囲まれての何よりのご馳走でしたKさん、とても美味しいものをどうも有り難うございました!ご馳走様でした~



胡同レストラン 大宋食供
2010年01月07日 (木) | 編集 |
毎日寒い北京です。お正月に降った大雪の為にずっと道路事情が悪いのですが、友人から『隠れ家的な中華料理を食べに行きませんか?』という魅力的なお誘いを頂いて、今日はヒートテック2枚重ね&ロングダウンコートで防備して胡同レストランに行ってきました。

昔ながらの胡同エリアの小さな路地の突き当たりにありました。
知っている人に案内してもらわなければ、絶対迷うような小さな路地。
100107a.jpg
趣味良く改装された四合院

お料理は1品ずつ、こんな可愛い服務員によってサービスされます。
100107b.jpg
女の子が持っているのはメニュー名が書かれた木の札

100107c.jpg


現代的な中華料理とでも言うのでしょうか、お味のほうは○○料理という分類が無いような感じでしたが、全体的に薄味で私には食べやすかったです。

胡同の奥まったロケーションに趣味の良い四合院、そして癖の無い味なので、観光で来たお友達を案内するのにとても良さそうなレストランでした。



摸鱼儿大宋食供
东城区中剪子巷8号(近5号线张自忠路站)

http://www.dianping.com/shop/2595595


男のカレー
2010年01月02日 (土) | 編集 |
1日に新年会を開催しれくれたSさんご夫妻。1日のホームパーティでのちょっとした会話がキッカケとなって2日連続で我々を夕食に招待して下さることに、というか招待するハメになったと言った方が正しいかも?!

2日目の夜は旦那様が日本から持参したダッチオーブンで作る『男のカレー』!!御節の翌日が日本風カレーだなんて、2日連続で日本の味覚が楽しめるということですね2010年は幸先の良いスタートだな~


大き目ゴロゴロ野菜、ピリッと辛口
20100102.jpg
これぞ『THE 男のカレー』


Sさんの旦那様の『男の手料理』シリーズ。鳥1匹丸蒸し、カレーにスペアリブと毎回楽しませてもらっています。また作って下さいね!!(←図々しい・・・)

しかしご夫婦揃ってお料理上手だなんて羨ましい限りです。ウチも夫が何か作ってくれたら嬉しいんですけどネ。

新年会2010
2010年01月01日 (金) | 編集 |
新年明けましておめでとうございます!
細々とクダラナイ日々を綴るblogも4年目に突入しました。いつも読んで下さってる皆様(このblogを読んでるのは親と妹だけのような気もしますが)、今年も懲りずにお付き合い下さいませ。

さて、話題はお正月。相方がガイジンの私の場合、2人だけで過ごすなら日本風のお正月は一切やりません。御節は作るのが大変な割りに喜ばれないし、お餅は夫が大嫌いな日本食の1つなのでお雑煮すらも作らず外食で済ませます。

余談ですが夫が餅嫌いな理由は2つ。1つは無色&無味なこと。味が無さ過ぎて気持ち悪いそうです。2つ目は死亡事故が起きるほどの危険な食べ物であること。毎年お正月になるとnetで『餅を喉に詰まらせて亡くなった人』の件数を調べ上げて鼻息荒く私に知らせてくれます。実家から送られてきたお餅を私が1人で食べているときも、隣でジトーッと見張っています。どうやら私の喉にお餅が詰まったら掃除機で吸い出す心づもりらしい・・・。まだ餅が喉に詰まるような年齢じゃないってば

しかし今年はそんな日仏カップル(の日本人側)に救いの手が!ご近所の日本人ご夫妻が新年会を開催してくれたのです。「御節を楽しんでくださいませ」という落涙もののメールを読んで一人興奮する私。和食は作る機会も少なくて自信が無いので他人様のお宅に作って持っていくことは滅多にしないのですが、御節を楽しむ新年会なので頑張って紅白なますとドラ焼き、Cちゃん直伝の刺身蒟蒻を持参しました。


黒豆、昆布巻きお煮しめ
スペアリブ.jpgミンスパイ
20100101h.jpg20100101i.jpg
20100101a.jpg鮭南蛮漬け
20100101c.jpg20100101k.jpg


日本から送られてきた黒豆に昆布巻き。Sさんお手製の関東風なお雑煮は出汁がとても美味しくてホッとするお味。画像二段目は何と両方とも『男の手料理』です!スペアリブのマーマレード煮は日本人作、そしてミンスパイはイギリス人作。国際色豊かですね~。

他にも友人一同が持ち寄った色々なお料理が並んで2010年初日から美味しい~夜を過ごしました。Sさんご夫妻、新年会を開催してくれてどうも有り難うございます!!お蔭様で日本のお正月気分を存分に堪能いたしました~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。