現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Be-Blogger Vol13.0
2010年02月27日 (土) | 編集 |
北京暮らしの良いところ。それは専業主婦だとしても様々な業種や年齢の方と交流するチャンスがあるところです。最近はお腹も重いし寒いし、更に根がヒッキー体質なので以前にもまして自宅でヒッソリしていることが多かったのですが、今日は2年ぶりにブロガー交流会に参加してきました。これもまたアレですよ、出産前の「今、色々やらないと!!もう時間がないよ!!」の焦りに突き動かされた行動だったりするわけで・・・

会に誘ってくださったみどりさんが幹事@ロバ子さんのblogのURLを貼ってくれていたので事前に読んでみたのですが、彼女のblogがとても深い洞察力で面白いのです。幹事のロバ子さんにお会い出来るのが当日の楽しみでもありました♪

さて当日、少し遅れて会場に着くと部屋からはどこぞの会社の会議司会進行役と聞き間違うようなキリッとした声が響き渡っていました。「?プロの司会者の方がボランティア司会をかって出てくれてるのかしら?」と思ったら、彼女がロバ子さんでした。とっても流暢な喋りと段取りの良さにビックリ!恥ずかしながら東京時代は私も人前で話す仕事をしていましたが、無職生活もX年目になってくると脳がフヤケテしまって以前のようには喋れなくなってくるんですよね・・・

今回はロバ子さんの素晴らしい進行の元、各自自分のblogの紹介(ブロガーオフ会なのに、これやったの初めてかも・・)、そして彼女のアイデアで「第一回北京ブロガーがよく見る北京ブログ大賞」の発表もありました。事前に参加者からアンケートを集計、票が少なかったblogについても全て目を通して資料にして渡してくれるという鮮やかな手際 あの資料を頂いたときは、一瞬会社員に戻ったような錯覚に陥りましたよ。

幹事、ロバ子さんのお陰で、実に有意義な時間を過ごすことが出来たのですが・・・私は肝心な事をし忘れました。1つはロバ子さんと話せなかったこと。もう1つは多田麻美さんが翻訳された「乾隆帝の幻玉」を買い忘れたことです。購入する良い機会だったのに~!




今回のオフ会でも色々な方とお話できて私にはとても良い刺激になりました。東京時代の私はずっと会社勤め、知人友人も全員会社勤めだったので自分が専業主婦になった時にどうやって社会と接点を持ち続ければ良いのかやら、皆目見当もつきませんでした。社会との接点=会社で働くという狭い見解しか持ち合わせていなかったのです。なので北京生活開始時は、異国で暮らす不便さとか風土や気質の違いよりも無職になった事が何よりも精神に堪えたものです。(今はお気楽に楽しんでますけどね・・・ハハハ。)しかしこのような会で様々な境遇と職業の方にお会いして、皆さんの社会との係わり合い方を拝見すると、頑なに考えていた自分が馬鹿らしく思えてきます。やはり他人からの刺激というのは大事だとシミジミ感じた会への参加でした。ボケ防止(?)の為にも、またオフ会に参加したいですね。


マネージャー手作りのデザート。ジャムまでもが彼の手作りですよ!
しかも凄く美味しい
20100227.jpg
会場は建外SOHOの 「!DXCafeBar」
住所:朝陽区東三環中路39号 建外SOHO1号楼0606
電話:010-5869-7504
営業は通常夜のみ。



今回の参加者&BLOGのURL

★Ricoさん:BLOG《Ricoのあしあと in 北京》
http://ricoinbeijing.blog63.fc2.com/

★ 老龙さん:BLOG《身边的北京故事和大道理 》
http://blog.sina.com.cn/flowerplanet

★ 任さん:BLOG《ren_zp的博客》
http://blog.sina.com.cn/u/1405515243

★みどりさん:BLOG《みどりの果敢な北京生活》←北京ブログ大賞!!
http://blogs.yahoo.co.jp/yorinotorimidori

★ アゲマシオさん:BLOG《アゲマシオの??のブログ》
http://ameblo.jp/agmso/

★ひろちゃいなさん:BLOG《●北京の足音● 北京に住んで、見たまま感じたまま》←北京ブログ大賞第3位!!
http://blogs.yahoo.co.jp/hirochina55
 
★ 多田さん:BLOG《北京・胡同逍遥》
http://dongxiang24.spaces.live.com/default.aspx

★beixiaojie5 さん:BLOG《北小街5号院》
http://beixiaojie5.blog85.fc2.com/

★オトコザワソウコさん:BLOG《中国さんさんぽ》
http://blogs.yahoo.co.jp/souko_otokozawa/
     
★ オトコザワケイコさん:BLOG《恵子たんの北京生活》
http://blogs.yahoo.co.jp/keikootokozawa

★Tammyさん:BLOG《DIARY IN BEIJING》http://blogs.yahoo.co.jp/tamami122013

★ふぉんしゅぅ:BLOG《理科が好き。》
http://fengshu.blog12.fc2.com/
       
★ガア子さん:BLOG《北京ガア子の朝陽区な日々》
http://plaza.rakuten.co.jp/chinadego/
   
★Rachelさん:BLOG《北京ほんわか電視台》
http://road2beijing.blog94.fc2.com/

★KOMAさん:BLOG《Emmy Broad"Band"Cast》
http://koma.cocolog-nifty.com/

★Xiongmao さん:BLOG《北京いつも上天気》
http://plaza.rakuten.co.jp/beijingxiongmao

★ うーでぃーさん:BLOG《ぺきんのほほん日記》
http://ameblo.jp/gogochounv/

★なんべんさん:BLOG《北京の格安ゲストハウス/日本人安宿/ユースホステルはこちら。》
http://blogs.yahoo.co.jp/discovery_yh

★もち子さん:BLOG《もちずむ(仮)》
http://blog.goo.ne.jp/tp://mochism

★ がじゅまるさん:BLOG《北緯40度中国ノート》
http://blogs.yahoo.co.jp/gajyu_malu

★xiaomiさん:BLOG《北京五彩繽紛~Colors of Beijing》
http://plaza.rakuten.co.jp/xiaomi/diary/

★ ろば子さん(幹事):BLOG《北京の器》
http://xrover.blog91.fc2.com/

スポンサーサイト
京劇と日舞のコラボレーション
2010年02月24日 (水) | 編集 |
近頃意味も無く焦燥感に襲われている妊娠8ヶ月目のワタクシ。「産まれる前にあれもこれもやらないと!!!!」って思ってしまうんですよね。初めての妊娠なので塩梅が分からないというか、周囲から「子供を持つと自分の時間なんて皆無だよーー」と十分に脅された(?)からか、無闇に外出しなきゃ!!と焦る今日この頃。

そんな無理やり外出先を探している妊婦の所に1枚のパンフレットがやって来ました。

pekinopera_j_nb.jpg



西遊記 三蔵絶体絶命!(京劇・日舞)
「三番叟」・藤娘 (日本舞踊)


中国と横浜の2箇所で公演。いずれも入場無料 左上に画像が掲載されいてる石山雄太さんはなんと外国人で唯一のプロの京劇役者さんだそうです!

■横浜公演

慶応大学日吉キャンパス協生館藤原洋記念ホール(東急東横線日吉駅下車すぐ)
2010年3月1日(月)18時開演(入場無料)

■北京公演
北京第四中学校大講堂(北京市西城区西黄城根北街甲2号)
2010年3月10日(水)16時30分開演(入場無料)
2010年3月13日(土)14時開演(入場無料)

出演者:石山雄太・盧思・チャンチンホイ(張清慧)・藤間恵麿
問合せ先:人見豊 hi.minoru@nifty.com

京劇と日舞を一度に楽しめるこのイベント。是非この機会にお出かけになってみてはいかがでしょう~?!



詳細はこちらからご覧下さい↓

京劇俳優・石山雄太の公演情報(無料!横浜&北京)
(中国さんさんぽblogより)
新春の籠アレンジ
2010年02月23日 (火) | 編集 |
春節真っ只中の北京です。まだまだ寒い日が続きますが、春節が過ぎると中国人は春気分になるのでしょうか。道行く人々の服装が軽快になってきました

今日のENOMOTO先生のフラワー教室はTHE 新春オレンジ&イエローベースの丸い籠のアレンジでした。


コデマリ、ラナンキュラス、デンファレ、薔薇と本日の花材は少なめ。
にもかかわらず、この華やかさ
20100223.jpg
ポイントは籠の丸い形状を生かすこと。そして真ん中の空間を綺麗に残すこと。
花の無いところ。余白部分が大事なんですね。

ラナンキュラスは華やかなのに押しの強くない雰囲気で大好きな花の1つ。なのに名称の語源はラテン語のカエルに由来するらしいですね。葉の形状がカエルの足に似ているからとか。美人顔なのに、ちょっと間の抜けた名前の由来を持つ所がまた憎めない、可愛いラナンキュラスです。

海外で母子手帳
2010年02月19日 (金) | 編集 |
妊娠したら「母子手帳」なるものを市役所からもらうことは知っていたのですが、母子手帳は単なる記録の為のメモBOOKだと思っていた上、海外暮らしで住民票を抜いてしまった今となっては何処で入手するのかも分からなかったので、ずっと無いまま北京妊婦生活を過ごしてきました。

しかし先日、日本の患者さんを多く診ている担当医から「もしも将来日本の学校にお子さんを入学させるとしたら、母子手帳がワクチン接種証明書代わりになるので持っていたほうがいいと思いますよ。」とアドバイスされて、母子手帳を探すことに。

当初は大使館で配布してないかと期待したのですが、在中国の大使館では配布は行っていない様子。次に最後に住民登録をしていた役所に問い合わせたのですがこちらも望み薄。

結局、財団法人母子衛生研究会が発行する『バイリンガル母子手帳』をnet上で購入、丁度EMSを日本から北京に送ろうとしていた友人の荷物に便乗させてもらって入手しました。


日本語英語併記版
20100219a.jpg

中身も全て二ヶ国語表記
20100219b.jpg


将来日本の学校に入学させるかどうかは分かりませんが、小さいころの身体の記録が1冊にまとまって残るのはとても便利だと思うので、有料とはいえ入手出来て良かったです。



財団法人母子衛生研究会
http://www.mcfh.net/

OKAIDI
2010年02月18日 (木) | 編集 |
今まで自分も周囲も子供がいなかったので、子供の事や子供用品の事がサッパリ分からず子供用品の準備を後回しにしてきました。しかし気づけば出産まで後2ヵ月半。北京で入手できないものがあれば日本かフランスから取り寄せなければいけないので、最近やっと重い腰をあげた私。近頃のウォーキングはリサーチを兼ねてショッピングモール内をよく歩いています。

話は飛びますが、北京で妊婦服を探した時に可愛い妊婦服を入手するのはここでは無理だと悟った私。チュニック+ヒートテックのレギンス、マタニティ用タイツ、マタニティパンツ2本で北京の冬を乗り切ってきました。

当然のように「子供服も可愛いものは北京では買えっこないわ~。日本かフランスで買いましょ・・」と決め付けていた所、SOLANA(ショッピングモールの名前です)内でフランスの子供服ブランドOkaidiを発見。しかも50%OFFセール中でした。

20100218a.jpg

4点買って521元(約7200円)
20100218b.jpg


男の子だし、これ位可愛ければ十分です!!肌着類は日本で手配して送ってもらうし、これで洋服は準備OK?!でもベビーカー&ベビーベッドの大物の買い物がまだなんですよね・・・。
新春快楽
2010年02月14日 (日) | 編集 |
祝大家新年快楽


100214a.jpg


北京は旧正月の花火&爆竹の大音響が響いています。去年よりも少しトーンダウンしたような気がしますが、それでも相変わらず賑やかな大晦日の夜が過ぎようとしています。

昨年は北京赴任の延期を言い渡されたり、フランスに家を購入したりと幾つかの出来事がありましたが、2010年は昨年とは比較出来ない大きなイベントが我々に起きることに。実は只今妊娠8ヶ月目を迎えておりまして、今年の5月から3人+1匹家族になる予定なのです。

異国での出産&ハーフ子育てで、この先我々がどんな生活を送ることになるのやら・・不安10%好奇心90%といったところでしょうか。日本のように物資が豊富ではありませんが、デザイン等気にしなければ一通りのものは購入できるし、お手伝いさんも気軽に雇えるので、もしかしたら日本で子育てするよりも楽なのかもしれませんね?!

それでは北京のお友達の皆様、良い春節をお過ごし下さい~
本年もどうぞ宜しくお願いします!!


クリちゃんのアフタヌーンティ
2010年02月12日 (金) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

1月のアレンジ
2010年02月07日 (日) | 編集 |
アイビー、アネモネ、デンファレ、薔薇、ナデシコで作ったドーム状の土台は中央部分に空間を空けて。土台からは紫のアネモネを円形に指すと・・・中央部分は覗き込みたくなるような丸~い空間に仕上がります・・・仕上がるはずです。

20100126a.jpg


折角なので、友人から拝借した猫のフィギュアを置いてみました。こんな所にまでネコ好きが及んでいます

紫のアネモネは1日経たずに立ち枯れてしまいました。北京の乾燥に耐えられなかったようです


猫の膀胱炎 その後&オマケ
2010年02月01日 (月) | 編集 |
昨年の一件が身に染みて、最初から注射に毎日通ったお陰で抗生物質注射開始3日目で「今日が最後の注射で大丈夫ですよ」とドクターからお墨付きが~ 後は日々水をなるくべ多く摂取するように飼い主が努力&注意を怠らないことと、泌尿器系に問題のある猫用フードを最後まで食べきれば良いでしょうということになりました。

はー。これで一安心。次の動物病院は春の狂犬病血清摂取だわ~

・・・と思ったのもホンのつかの間でした・・・

翌日久しぶりに猫の爪を切ろうと思い立ちアト嬢の右手肉球を押して爪を出そうとしたのですが、いつにない反抗にあったのです。怪しいと思って無理やり爪を見てみたら1本の爪の根元が半分裂けて爪はグラグラ、肉らしきものも一部見えているではありませんか

実は彼女の爪事件はこれで2回目。1度目は日本の動物病院に入院中に発生。その時は親指の爪が抜けてしまっていました。入院先のドクターからは「患部がちぎれたままだと上手く生えないかもしれないから」と説明され、麻酔を打って爪の根元をカットすることを薦められて手術に同意しました。

今回爪の問題を発見したのが週末だった為、日本時代に動物病院でもらった消毒薬を爪に塗布して週末を過ごして月曜日午前に再び動物病院へ逆戻りです。月曜朝にチェックしたらグラグラだった爪は千切れて既に取れており、赤く腫れた根元が残るのみ。見るからに痛そう~

再び病院に現れた我々を見て「!!また悪化したのですか!?」と驚くドクター。「いいえ。今回は爪が取れてしまったのです。」と経緯を説明。診察で押されて爪が痛いのと今までの恨みを覚えているのか、ずっとドクターに向かって威嚇するアト嬢でしたが、いくらシャーしても動じないドクターの態度を見て無駄だと悟ったのか、途中からムスッと無言になっていました。

診断の結果、骨部分に損傷は無いので数ヶ月すれば爪は自然に生えて戻ります。但し、裂傷部分から細菌感染して炎症が起きる場合があるので消毒薬で日々消毒しすれば大丈夫でしょう。とのことでした。大変な問題になってなくて良かった~今日のドクターからは手術は薦められなかったのですが、これ以上身体に負担になることはご免だと思い、日本時代の手術の話は切り出さずソソクサ~と帰宅しました。

これで今日こそ本当に通院終了です!アト嬢良かったね~

100201a.jpg




再診料:25元
消毒薬:10元
TOTAL:35元


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。