現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の脂肪細胞種
2006年08月24日 (木) | 編集 |
ネコバカ日記なのにナゼ犬か。

私の実家にはラブラドールの女のコ。今年7歳になるモモちゃんがいます。彼女を突然の病魔が襲ったから・・・。

先週末の夜。嘔吐を繰り返し、ぐったりして動けなくなったモモ。わき腹にはいつの間にか瘤のようなモノが出来ていたそうです。

慌てて動物病院に連れて行きそのまま入院。点滴を受けながら検査を実施したところ、21日(月)に脂肪細胞種のステージⅢとの診断を受けました。

瘤は見る間に大きくなりました。倒れた夜は小さいレモン位。2日後の月曜日には4倍近くになっており、お腹の浮腫みも酷く、紫色に腫れている。

獣医さんからは「即、外科手術に踏み切らないと命が危ないです。明日手術しましょう。」と提案されました。その手術とは癌の病変部分を切り取るワケですが、周囲に癌細胞が飛んでいる可能性があるため、瘤部分よりも大きく切り取らなければいけません。モモは30cm四方切り取ることになる。足りない皮膚は首から取って移植する。と言われました。
術後は抗癌剤治療。またステージⅢで手術した場合の生存率についてと術中、合併症により死に至る可能性の説明もありました。

しかし手術以外の可能性については説明はなく、手術。手術の一点張りだったのです。

そして入院しながら、段々と衰弱するモモ。本当に数日中に死んでしまうかと思いました。

昨日まで元気に過ごしていたモモが悪性癌。
家族中、信じられない気持ちでいっぱいでした。
しかし私達には獣医さんの説明も信じがたかったのです。
他にも途があるのではないか。そして開腹手術がステージⅢ(周辺に癌細胞が浸潤又は他部位に転移している恐れがある)。まで進んだ癌に対して唯一の対応策なのかと。


癌に関しての学会、他の方が書いて下さっているHP、blogを一通り検索し、モモの現在の症状で外科的処置が妥当ではないこと、そして手術と抗癌剤、放射線治療には組み合わせと時期が重要だということが素人ながらに分かってきました。

こちらのHPが非常に参考になりました。
がんばれ!!がんになった犬猫たち

セカンドオピニオンを求め、癌に強い獣医さんを探したところ、獣医癌研究会のHPに辿りつきました。ここで研究会の認定する(レベルが2つあります)獣医師のリストがありました。中を見ると隣市で開業されている獣医さんが見つかりました。

翌日、癌協会の認定獣医さんの所に診せに行ったところ・・・・
1つ目の獣医さんとはかなり異なる話を聞くことになったのです。

長くなりましたので続きはまた別日記で。

コメント
この記事へのコメント
勉強不足の医者も沢山いるからね。
人のもね。
2006/08/24(木) 20:13:17 | URL | 23 #-[ 編集]
23さん、本当にその通り!!
その通りです。人間の病院もいろいろあって・・・あれっ?って事を言われることも多いですよね。やはり自分自身も勉強してかないとダメなんですね。
2006/08/25(金) 16:46:00 | URL | ネコバカ #-[ 編集]
めっちゃ気になります・・・
モモちゃんがんばってね。
診察受ける方も、いろいろ調べないとですね。。。
無知で取り返しの付かないことになっちゃった事があったんだ・・・私も頑張るよ!
2006/08/26(土) 18:29:58 | URL | ☆はぁちゃん♪。 #-[ 編集]
はぁちゃん、
コメント有難う。この病気、既に沢山の方々がHPやBLOGにしているので書くこともないかと思ったのだけど、自分もNETの情報で助けられたし、情報は多いほうが検索する方もヒットする確率があがるだろうからblogに書いてみることにしたのだ。
2006/08/27(日) 12:18:35 | URL | ネコバカ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。