現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

书画の授業
2008年06月27日 (金) | 編集 |
北京滞在も後1年半なのに今更始めた中国語。中国語が少しでも話せれば当然生活は格段に便利になるし、何より毎日勉強するのが楽しいし・・・もっと早く語学に取り組めば良かったな・・・と後悔先に立たず。

通っている大学の語学班、毎週金曜日の午後は課外授業があります。書道/书画(書画)が隔週で開催されていまして、今回初めてこの授業に参加してみました。


書き順のお手本
雀に見えますが、先生曰くヒヨコの絵
080627a.jpg
普段文字で使っているトメ、ハネ等を使って描いていきます。


言うまでもなく、左側が先生のお手本
080627b.jpg
筆に3色の絵具を含ませて各パーツを一筆で描きます
羽の線、目、肢、嘴は最後に細筆で

本日習った3種類のヒヨコを組み合わせて
最終的にはこんな「書画らしい」絵が完成です!
080627c.jpg


書画はその名の通り、「書」と「画」が一体化していますので、絵心が皆無の私には書道よりも数倍難しかったです。課外授業での内容は基礎の基礎なので決められた手法で描きますが、書画の作品集を見てみると自由な作品も沢山見られますので、絵の好きな方にはとても楽しい習い事だと思います。

「画」の鑑賞者がその画に対する感想の文章(賛辞)を画に書き込むこともあるようです。ちなみに四字熟語の「自画自賛」は自分の画に自分で賛辞を書き込むことからきた言葉だそうですよ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。