現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茯苓包子
2008年11月13日 (木) | 編集 |
通っている中医教室も終了が近づいてきました。今日の授業は薬膳料理、お題は茯苓包子(肉まん)です。茯苓は無味無臭白色の漢方薬なので細かく砕いて肉まんの皮に混ぜ込みます。といっても皮の準備は先生がしてくれて、我々生徒は皮を伸ばして餡を包むのみ。

茯苓入りの包子の皮(麺)をのばす先生
081113b.jpg
「広いスペースが無い時はボールの中で輪っか状にのばすといいのよ」
何ていうTIPSも。

細くのばしたら均等にcut
081113c.jpg
餡を包んで形を整えます。
081113d.jpg
コツは右手で皮のひだを取りながら左手で包子を回転させること!



中医講座 薬膳メモ

茯苓


081113a.jpg


甘/平
サルノコシカケ科のマツホドの菌核をそのまま乾燥したもの。この菌はマツ属植物の根に寄生し、通常伐採後3~4年を経た樹などの根の周囲に不定形塊状の菌核を形成する。

効能
利尿、健胃、鎮静薬として、排尿異常による浮腫、頻尿、めまい、心悸亢進、胃内停水、筋肉の間代性痙攣などに応用する。

処方例
胃苓湯、茵ちん五苓散、加味帰脾湯、加味逍遙散、帰脾湯、桂枝茯苓丸、桂枝茯苓丸加よく苡仁、啓脾湯、牛車腎気丸、五積散、五淋散、五苓散、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴朴湯、柴苓湯、酸棗仁湯、滋陰至宝湯、四君子湯、十全大補湯、十味敗毒湯、小半夏加茯苓湯、参蘇飲、真武湯、清心蓮子飲、清肺湯、疎経活血湯、竹じょ温胆湯、釣藤散、猪苓湯、猪苓湯合四物湯、当帰芍薬散、二朮湯、二陳湯、人参養栄湯、八味地黄丸、半夏厚朴湯、半夏白朮天麻湯、茯苓飲、茯苓飲合半夏厚朴湯、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、六君子湯、苓甘姜味辛夏仁湯、苓姜朮甘湯、苓桂朮甘湯、六味丸


使い方hint
硬いのでぬるま湯に漬けふやかした後、表面を少し乾燥させてからミキサーで粉砕して使用する。無味無臭なので小麦粉に混ぜて使用しても大丈夫。

詳細
百度百科 茯苓

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
抑肝散 についてブログの検索結果をまとめると…
2008/11/25(火) 12:14:22 | 最新キーワードチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。