現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の膀胱炎
2008年12月08日 (月) | 編集 |
土曜日に「いつもと何かが違う??」と何気なく感じていたウチの猫の様子。その日は夫が出張から戻ってきたので、アト嬢は嬉しくて落ち着きが無いんだろうと思っていました。でも日曜日の朝からは「これは間違いなく病気でしょう」という行動になってきたのです。

トイレに何度も入る→ちょっとオシッコする(時には何も出ない)→トイレの傍で座り込む
一日中、ずっとこの行動の繰り返し。といっても食欲もあるし水も飲むしウ○チは問題なく出ていたので月曜日まで待って朝イチで動物病院に行ってきました。

動物病院にて以前から気になっていた「お尻を絨毯に引きずる」件と、日曜日から始まった排尿の問題2点を先生に説明すると、肛門腺を気にして猫が頻繁に舐めたせいでお尻の雑菌が膀胱に入ってしまったのではないだろうか。ということでした。尿検査は特にせず膀胱炎ということで処置を進めていました。

「本当は注射が一番効き目が良いので5日間毎日注射に通った方が良いのですが。」と提案されましたが、動物病院に毎日通うストレスで猫が別の病気に罹ったら大変なので、今日だけ先生に注射して頂いて残りは投薬となりました。

病院から戻ったら、あんなに頻繁に行っていたトイレにも行かず落ち着いているので、どうやら薬が効き始めたようです。ホッ。今回の病気は肛門腺から端を発していたので、次回からお尻を引きずり始めたら、即!動物病院に行って処置しようと思います。



病院メモ

費用
  Exam-Recheck 25元
  Amoxicillin-Clavulinic Acid 126元
  Baytril Injection 120元
  Anal gland Expression 120元 (20%off)
                                      TOTAL: 391元


詳細
  Amoxicillin-Clavulinic Acid CLAVAMOX
 ペニシリン系抗生物質製剤。日本では中耳炎の薬として認可されているようです。
 参考URL グラクソ・スミスクライン株式会社
 粉末状の薬で、フードに振りかけて水を少量加えて混ぜたものを投薬するように獣医師から
 指示されました。これで猫が食べない場合は、付属の注射器型のスポイトで水薬状にして
 口から直接飲ませます。下痢をしたら投薬を中止して病院に連絡して下さいとのこと。9日間投薬。

Baytril Injection (拜有利注射 BaiYouliZhuShe)
 抗菌剤。参考URL 淘宝网

Anal gland Expression(肛门腺排挤 GangMenXianPaiJi)
 肛門腺絞り。2割引きで120元。
 先生曰く、蛋白質の多いフードを食べると肛門腺が溜まりやすくなるそうです。
 蛋白質含有量の目安は30%以上になると多いということになるらしい。残念なことにアト嬢の
 大好物シーバの成分表を確認したら蛋白質30%以上となっていました。
 唯一のオヤツを減らすのは可哀想なので徐々にあげる量を減らしていくつもりです。




↓今回の治療状況はこちら↓

猫の膀胱炎
猫の膀胱炎 その後
猫の膀胱炎 その後2
猫の膀胱炎 その後3
猫の膀胱炎 その後4
猫の膀胱炎 その後5
猫の膀胱炎 その後6 最終日



北京新天地国际动物医院
International Center for Veterinary Service

http://www.icvsasia.com/

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
コメント
この記事へのコメント
女って関係あるのかな?
膀胱炎とは・・・可哀そうに~
でも、人間は女って膀胱炎になりやすいですが、
猫もメスの方がなりやすいのかな???

ネコバカさんは本当にお母さんですね。
ちゃんとアト嬢の様子をわかってあげてるから(感心、感心、)
2008/12/09(火) 19:43:40 | URL | ケロたん #-[ 編集]
ケロたんさん、
そうそう、人間も女性の方がなりやすい病気なんだよね。そして投薬期間が長いのも人間と一緒・・・(@_@;)
現在処方されているのが人間赤ちゃん用の薬で、合成の甘い香りがする粉末剤なのです。猫にとっては相当辛い不味い味だと思うんだけど9日間も飲まないといけないんだよ~。
2008/12/11(木) 08:48:24 | URL | ネコバカ #V19xxO8I[ 編集]
病気
こわいですね。。
猫って腎臓系の病気多いんですよね。
以前飼っていた猫は尿毒症になって大変だったのを覚えています。下半身が腫れて。今思えば、むくんでたんですよね。
外猫だったので、全然きずかなかったのです。
ふぃ~はいまのとこ病気らしい病気をしていないので、なんかおこったら慌てそう!
2008/12/12(金) 13:00:02 | URL | とも #-[ 編集]
ともさん、
ペットは身体も小さくて、一度病気になるとあっという間に全身状態が悪くなるのが本当に怖いです。ふぃ~ちゃんは最近お庭で身体を鍛えているから、きっと病気とは無縁ですよ~v-91
2008/12/14(日) 21:18:52 | URL | ネコバカ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。