現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の膀胱炎 その後4
2008年12月16日 (火) | 編集 |
今日も北京らしいスモッグの中を動物病院へ。今日の獣医師は1週間前に抗生物質を処方してくれたW医師。昨日は初めてお会いしたS医師が診てくださったのですが、彼女は新人さんなのか何だか自身無さげな様子が気になっていたのでW医師が出てきて嬉しかった私。

残念なことにW医師は昨日のカルテに目を通しておらず、状況を把握されていなかったので、昨日のメモを取り出して下痢、嘔吐、赤い粘液便etc・・・を再び説明。今日は先生+動物看護士3名が私の周りに集まって話を聞いてくれました。で、英中ゴチャ混ぜで5人で会話してW医師の下した治療方針は・・・

① プロバイオティクスを中止
② 断水&断食は続行(胃腸を休めるため)
③ 生理食塩水を点滴(150ml)
④ 抗菌剤注射
シメチジン注射(胃の荒れを防ぐ)

「点滴+2本の注射ですか?!ウチの猫は耐えられるかな・・。」と訝る私に「副作用を抑えたかったら注射が良いのです。それに点滴に注射液を混ぜるから、実際は点滴針だけを刺しますよ。」とW医師。何をどうするのか知りたかったので点滴を見学させてもらうことにしました。

液を人肌(猫肌か?)温めて投与するらしく、途中の管は温水を入れた器の中を通過させていました。先生は猫の背中の皮をあちこち摘んでノビ具合の良い場所を探し、右肩の上辺りに点滴針を刺して点滴スタート。看護士の男の子が猫を抱えて押さえつつ、アゴを撫でてアト嬢のご機嫌を取ってくれています。

他2本の注射は点滴の管の付け根部分がYの字に分岐している所があり、そこに注射器を差し込んで点滴液と混ぜています。なーるほど!簡単に混ぜられるように器具が出来ているんですね。10分程経過し肩の辺りがコブのように盛り上がってきた所で針を抜き、今度は左肩付近に刺し直して点滴を続行。

ここ最近の経験で「白い服は怖い人間」と覚えたらしいアト嬢。看護士の面々にはシャーをしないのに、白衣の先生には敵意剥き出しです。怒りの余りに針の抜き差し時に動いてしまい、点滴跡から血が出てきました。

怒りながらも暴れたりはしないアト嬢。眉間に皺を寄せながら約20分耐えてくれました。で、点滴が終わってみると皮下に溜まった液が肩上で盛り上がり、ブルート(ポパイの筋骨系キャラ)を彷彿とさせるシルエットになったアト嬢・・・ 可哀想だけどちょっと笑った飼い主でした。

余談ですが「輸液の中身はなんですか?」と先生に尋ねたら、彼女から「サリン・ウォーター」との答えが。サ、サリンって聞こえたけど?!と私の脳内はオウム真理教のイメージで一瞬埋まりましたが、辞書を調べたら「塩水の」とありました。physiological saline waterで「生理食塩水」なんですね。必要単語なので覚えます~。



病院メモ

費用
  Exam-Recheck 25元
  Baytril Injection 120元
  Fluids Subcutaneously 150元
  Cimetidine Injection 4元

                                      TOTAL: 299元


詳細
中国人獣医師の再診料
Baytril Injection (拜有利注射 BaiYouliZhuShe)
  抗菌剤。参考URL 淘宝网
Fluids Subcutaneously
  皮下輸液(150ml分の価格)
Cimetidine Injection (西米替丁针 XiMiTiDingZhen)
  ヒスタミンH2拮抗剤。消化性潰瘍用剤



↓今回の治療状況はこちら↓

猫の膀胱炎
猫の膀胱炎 その後
猫の膀胱炎 その後2
猫の膀胱炎 その後3
猫の膀胱炎 その後4
猫の膀胱炎 その後5
猫の膀胱炎 その後6 最終日
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
コメント
この記事へのコメント
とんだことに・・・
アト姫、今日のお加減はいかがでしょうか?
膀胱炎からそんなことになっていたとは・・・・
毎日の通院、それだけでも猫にとってはストレス、早く良くなると良いですね。

どうぞ、お大事にね。


2008/12/17(水) 18:51:43 | URL | じゃすみん #-[ 編集]
たいへんですぅ!
お久しぶりです。
今はアトちゃんごきげんいかがですか?
私は快方をお祈りすることぐらいしかできません。
それにしてもネコバカさん、よその猫ちゃんが病気になった時に通訳とかできますね。
2008/12/18(木) 23:30:02 | URL | Hideyo #-[ 編集]
v-22じゃすみんさん、
通院生活も終に木曜日で終了しました。ケージも倉庫に仕舞ったので、猫もやっと安心して眠れるかな・・。ご心配おかけしました~。


v-22hideyoさん、
お見舞いコメントを有難うございます!おかげさまで通院も終わってすっかり良くなってきました!!
通訳なんて・・・・この滅茶苦茶な英語&中国語では赤面級のとんでもないお話ですが、慣れない外国でとっても困っている猫飼いの方がもしいらっしゃれば、手助けできればとは思っています~。
2008/12/20(土) 00:00:47 | URL | ネコバカ #V19xxO8I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。