現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京の動物病院2
2006年08月12日 (土) | 編集 |
行ってきました。動物病院

今日はウンチを持っていかなくてはいけなくて朝から待ち構えていたのだけど・・・全然してくれない・・・。いつも早朝にするんだけどなぁ。人間の殺気(?)を感じ取ったのかも。仕方ないので便無しで行くことに。

病院はかなり綺麗です。日本で通っていた幾つかの病院と比較してもこちらの方が断然清潔感が溢れている・・・。受付スタッフも全員英語が話せます。


AT_VET.jpg



先生はアメリカでも経験のあるDr.SUI。とても丁寧に診察してくれましたが、生憎ウンチナシ。今飲んでいる薬の情報ナシ、(日本の動物病院では薬効は知らされたけど薬品名は教えてもらってなかった)現在投薬中でウンチにも問題ナシ。というわけで「今日できることはないけれど、言えるのは健康だってことですねー。今飲んでる薬品名をメールで。ウンチが出たらなるべく早く持ってきて下さいね」ということになりました。

ちょっと気になるのは「耳」。耳からドロッとした茶色い汚れが発見されたのです。チェックしてもらいましたがイマイチ不明。とりあえずドロップ型のお薬を頂きました。

今回の診察費(投薬、耳の検査含む)は630元。(約9450円)
日本よりも高い!!!
しかし知人に教えてもらったアメリカ人の獣医さんは何と100USD!!

高いといっても、こればかりは仕方ないですけどネ。

ちなみにアメリカ人の女性獣医師も在籍されているようです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。