現在中国からyoutube,facebook,twitter,exblog,cocolog,livedoor blogの画像にアクセスできません。ついにFC2もアクセス出来なくなりました・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はベビーブーム?!
2007年01月26日 (金) | 編集 |
本日は約2ヶ月ぶりにフランス語の授業。12月から先生とスケジュールの折り合いがつかず、フラ語からすっかり遠のいていました。

授業中、何故か話題が干支に。

中国では自分の干支の年は、悪いことが起こると考えられているそうです。悪運から身を守るのは赤いアイテム アクセサリーでも洋服でも小物でも何でもOK。いつも身につけるのが肝心だそう。

そして自分の干支の年は結婚式は基本的にタブー。24歳、36歳、48歳・・・の結婚式は少ないと思います。とは先生の談。

そして2007年は中国の干支で6年ぶりの子供を産むのに良い年なんだそうです。
補足:聞き間違っていたことが本日判明。60年ぶりでした。

2007年は中国の出生率が上昇するかもしれません。

私自身はこういうのってあまり信じない方。厄年のお祓いもしてないし・・・。でも最近少~しだけ思うんです。何千年も廃れずに続いてきた昔からの伝承。続くからには何か意味があるのかもしれませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント
この記事へのコメント
ベイビーブームねぇ。。
厄年のおはらいを今年するべきなんだって。でもアメリカにいるから無理だし(多分) 気の持ちようです。2007年は中国ではベイビーブーム?!もっと人が増えるんだ!いいことだね。日本も見習って欲しいけどいろいろとそうはいかないらしいねぇ。。うちも来年の夏から子供作ろうかなぁ~~
2007/01/27(土) 01:21:11 | URL | Chinami #-[ 編集]
≫悪運から身を守るのは赤いアイテム

一昨年かな、巣鴨(噂のとげ抜き地蔵を観に・・・)に行ったとき、周辺の商店街で【赤いアイテム】いっぱい見ましたwwwww

2007/01/27(土) 12:41:54 | URL | ☆はぁ♪。☆ #mQop/nM.[ 編集]
ねえ、うちの会社でも出産ブームだよ!2人が春に出産するの。
まあ、たった2人でブームといってよいのか分からないけど、うちの会社を知っているネコバカさんとChinamiさんなら、ちょいと驚くのではないかい?
おまけにその人たち、育児休暇取るの!こういう習慣が当たり前のようになってくれると、女性にとってはうれしいよね。
2007/01/27(土) 16:27:34 | URL | なるなる #-[ 編集]
確かにラッシュでした。
1年位前からすごい出産ラッシュでした。職場関係のみでいったい何人生まれたことか。。。ま、結婚の時期が重なって、2子目の出産が重なって、との偶然ですが。。。もうすぐ6人目となるお祝いを検討しないと。。。その方は猫好きな方なので、選ぶのも少し楽しみがあります。
2007/01/27(土) 22:25:26 | URL | Keipy #-[ 編集]
e-414 Chiちゃん、
そうそう。要は気の持ちようよね。アメリカで祓えるところがあったら面白いね~。

e-414 はぁちゃん、
とげ抜き地蔵見に行ったの??選択が面白すぎるよ!!赤アイテム持って元気出してね!

e-414 なるなるちゃん、
ほほー。2人も!!しかも育休か~。会社はどう??もうスッカリ雰囲気変わっちゃったんだろうなぁ。

e-414 Keipyさん、
出産ラッシュ。お目出度いお話ですが、続くと大変ですよね・・・。日本でも干支で出産時期を調整する方がいるのでしょうか??

韓国も中国と同様、今年は「金の豚の年」ということで出産する人が増えているそうです。
2007/01/30(火) 21:24:12 | URL | ネコバカ #V19xxO8I[ 編集]
イタリアの赤いアイテムはどおかしら
イタリアでは クリスマスに 真っ赤な下着を贈る 習慣があり (幸福を呼ぶ) と いわれているそうです。 ある写真で 見たところによると 刺抜きさん の 1年中販売されている ババシャツ とは 雲泥の差の 洗練された デザインの下着でした。(赤いアイテム)も これならば良いのでは~~
2007/02/13(火) 10:42:36 | URL | mumama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。